忍者ブログ
大阪のカウンセリング・スキルトレーニングルーム 登録商標山手心理相談室のブログです。心理療法などの情報を中心に、メンタルヘルスにお悩みの方に明るい話題を提供させていただきたいと思っています。
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 11 12
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/24 坂東太郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ミュゼ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者アド
フリーエリア
アクセス解析
フリーエリア
2019/01/01 (Tue)
明けましておめでとうございます。本年も当ブログならびに山手心理相談室
(登録商標・大阪市中央区)をよろしくお願いいたします。

最近では、東京人は渋谷交差点に集結するのが「習慣」になっているのか、
すごい人だかりでした。もっとも、「渋谷」が「渋谷」であるためには、東京が
日本の首都であるという、ちっぽけな事実が必要になります。

仮に首都が名古屋に移転すれば、「渋谷」あるいは「新宿」「池袋」といっても
大阪・新世界並みの扱いになるかもしれません。


おっと、言いすぎましたかね。


それほど、首都が首都の機能を果たすことが大切なのです。



                                



 新年から難しいお話になりますが、みなさんは「ロボトミー手術」をご存知
でしょうか。アメリカでは、画期的な脳の手術が行われていました。1930
年代から1960年ごろまで、「狂暴な人をおとなしくする」ためにこめかみ
からアイスピック(!)を差し込んで、先端が前頭葉(おでこの裏側です)
に達すると、アイスピックをシュシュと動かすだけの手術です。

どう、カンタンでしょ。

ただし、その副作用はとても大きく、彼らからは人として大切な「喜怒哀楽」
という感情が消え去り、別人格として生きることになりました。もっと言えば、
自分が何者かさえ分からなくなり、「未来」を夢見ることさえできなくなってし
まったのです。

脳が脳としての役割を、少しだけ果たさなくなることが、人間が人間としての
活動を行えなくなるということですから、脳は人の「首都」なんだと思いますね。



では、発達障害やアダルトチルドレンの方を「治療」するにはどうすれば良い
のでしょうか。

今から何十年、何百年先に「脳の好きな部分を発達させる」方法ができるなら
ば、(道徳的にはどうかと思いますが)別ですが、現代医学では、筋肉と同様
「鍛える」「訓練する」しかありません。それも、人によって少しずつ違う部分を
効果的に、です。


さて、どうしたものでしょうね・・・・。


「発達障害」という検索をかけると、メインの結果は「発達障害者の就職」という
ポイントに集結します。たしかに、就職してお金を得ることは、生きていくうえで
とても大切なことになります。


山手心理相談室では、「言葉」によって脳のトレーニングを行い、今より少しでも
楽に生きることができるよう努めています。


今年も、あきらめずに「少し楽になった方」が何人かご卒業になりました。「イヤな
こと」「苦手なこと」に一緒に取り組んでいただける方は、」ぜひ頑張っていきまし
ょう。

(トレーニングコースの場合です。相談室には、通常のカウンセリングの方も多く
 お見えになっています)



にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村
 (「山手スタイル」にも同じ記事を載せています)
PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]