忍者ブログ
大阪のカウンセリング・スキルトレーニングルーム 登録商標山手心理相談室のブログです。心理療法などの情報を中心に、メンタルヘルスにお悩みの方に明るい話題を提供させていただきたいと思っています。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[10/24 坂東太郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ミュゼ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者アド
フリーエリア
アクセス解析
フリーエリア
2018/08/09 (Thu)
デッドセクションといっても、別に「死ぬ」ことではありません。鉄道に
詳しい方ならご存知かと思いますが、交流と直流の切替点を通過するとき、
電車の構造上の理由から、車内の照明が消えるのです。架線に給電されて
いない区間・地点のことです。
こうした切替点は日本にいくつかあり、そこを通過するとき、比較的新し
い電車では車内照明が消えなくなっていますが、関門トンネルの普通列車
に使われる電車などは、今でも無電になってしまうのですね。




人間の場合でも、デッドセクションは存在します。いわゆる「アタマが真
っ白」な時間です。電車との違いは、こちらは回復しない場合があるとい
うことでしょうか。

・上司にコテンパンに叱られた。

・妻が夜通し説教してくる。

これらは、「もう勘弁して~~」という状況になる場合もありますが、そ
うなってしまうと、人間の理性なんて吹き飛んでしまいますから、その場
から逃げたり、悪くすると殴りかかったりします。

一般の方でもそのような状況ですから、発達障害の方にとってはもっと悲
惨なことに。

「何を言っているのか理解できない」だけでデッドセクションに入ってし
まいます。

改善は可能ですが、ご家族の協力が必須になります。



山手心理相談室では、ただいまホームページのリニューアルに取り組んで
います。技術陣が総力を挙げて対応しておりますが、一部デッドセクショ
ンも生じます。ヘンなページが見えても「山手心理がなくなった!」と思
わないでくださいね。(8月末をめどにしています)



 
  
  

にほんブログ村
 
 

 
 
 
 
 
 
PR
2018/08/02 (Thu)
先日の豪雨対策として、安倍晋三首相は、中小企業や観光への財政支援を柱とした
「生活・なりわい再建支援パッケージ」を取りまとめたことを報告。2018年度予算
の予備費から1058億円を支出すると表明しました。

困っている方に、1058憶の支援が多いのか少ないのかは存じませんが、同じ地
方のいち大学にその十分の一が支援されているのと比べると、いかがなものかと思
ってしまいますね。

まあ、これほどの政策を見せられても、誰だって「激高する総理」のことを記憶し
ている限り、まだましだって思うのでしょうね・・・。


 
           
 


ま、そちらは専門家にお任せするとして、人の「記憶」はそれが「自分から見た当
時の状況」という点に問題があります。上の写真が「朝日」か「夕日」かというよ
うなものですが、

☆自分がウソをついたのに、相手がウソをついたとすり替える。

☆妻の不倫を責めると、「10年前にあなたがしたからよ」と逆ギレする。

☆お金を「ある時払いの催促なし」で借りたら、貰ったと思い込む。

これらが「故意」ではなく、脳が勝手に「思い込む」ケースがあります。実際には、
発達障害やアダルトチルドレンの影響で、実際には見えなかった景色が見えたよう
に思い込んでしまうのです。

この症状の改善は、非常に困難です。まずカウンセリングにお越しいただけないで
すし、「病気」には分類されない(されることもたまにありますが)ので、治療の
必要もありません。



特に、ご家庭でこのような症状のある方がいる場合は、お悩みをお伺いするだけで
も少し楽になりますから、ぜひお盆期間にお越しください。


 
 
 
 
にほんブログ村
2018/07/26 (Thu)
最近何かと話題の剛力彩芽さんですが、「もっと高貴な方だと思った」
という方も多いようですね。

 


ところで、ネットに次のような記事が掲載されていました。

『人間は40代半ばくらいが精神的な成熟のピークで、50代以降になると中高年期特有のうつが始まり、逆に子供っぽくなっていくといわ れます。いかにも管理職然とした男性が街でファストフードの店員や駅員など反撃しにくい人、立場の弱い人を怒鳴りつけているところを見ることがありますが、これも中高年期うつの症状です』

これ、まったくの「誤診」です。


このような判断をするので、後の対応は

『キレる部下に苛立ちを感じたら、まず深呼吸して気持ちを鎮めましょう。トイレに立つなど、別の場所に行くのも効果的です。キレた人も時間が経てば、自分の行動を後悔するものです。追い込まずに、本人が自分から反省して謝罪の言葉を口にするチャンスを与えるようにしましょう。相手が冷静になってきたら、言葉で勇気づけてあげます。キレやすい人は自分の価値にとても敏感なので、「あなたのここがすばらしいと思う」などと褒めてあげるのです。これは相手が自分より年上でも同じように効果があります』

とまあ、とんでもないことに。この記事は社内でのことなので、まだ
事態収拾できるケースも考えられますが、家庭内で妻や夫が深呼吸して
トイレに立つチャンスなど、当該症状の人には「イライラ」を増幅させ
る効果しかありません。

また「あなたのここがすばらしいと思う」といった場合も、当該症状の
方には「当然」と思われるだけです。

お気に障った方(お気に召した方)は手遅れになる前にお越しくださいね。



 

にほんブログ村


 
2018/07/19 (Thu)

毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。


近来「拝金主義」の横行により、本来人間に必要な「助け合い」の廃れた感
はハンパないものがあります。



たとえば、

「庶民でも持てる収益不動産」⇒「富裕層のための収益専門会社」

「安く・正確にできる器用な歯科医」⇒「富裕層のための自費診療専門歯科」

「地域で一番安いカウンセリングルーム」⇒「富裕層のための安らぎの場所」

などなど、少し収益が上がってくると、そりゃ「高効率・高収入」は魅力的
だと思います。

ところが、物事にはかならず「光と影」があります。

「富裕層のための収益専門会社」⇒「自分の物件最優先の専門会社」

「富裕層のための自費診療専門歯科」⇒「手先だけ器用な歯科医」

「富裕層のための安らぎの場所」⇒「問題は自分で解決する場所」

というものです。もちろん、すべての方がこのようになってしまうわけでは
なく、良心的な方もいらっしゃいますが、見分けるのが難しい。


山手心理相談室は、「どなたでもお越しいただける相談室」としてこれからも
頑張りたいと思います。是非よろしくお願いします。


 

にほんブログ村

 

2018/07/12 (Thu)

1.観光特急「ひえい」で比叡山へ

2.「おけいはん」が案内する京阪電車沿線

3.「あべのべあ」あべのハルカスでお買い物

これらは、みな共通点があります。簡単に言えば「加計言葉」ではなく「かけことば」
になっているという点です。

        

念のため、付け加えると、かけことばとは、同音を利用して一語に複数の意味をもた
せるもので、平安時代から和歌に使われていたようです。

たとえば、「わが身世にふるながめせしまに」の「ふる」が「降る」と「経る」、
「ながめ」が「長雨」と「眺め」というような意味をかけているようなものです。


関西以外ではあまり有名ではありませんが、3.などはこれで伊勢志摩サミットが
決定したといわれる(笑)くらい政権にインパクトを与えたのだとか。

ところが、このかけことばを理解しにくいのが発達障害、特にアスペルガー症候群の
方です。おけいはんが案内する京阪電車という表面的な文字は理解できても、これが
面白いのか(一般的に理解できないギャグですが)が分からないので、子育ての際
などには困惑することに。

表面的にだけでも理解したい方は、ぜひ一度お越しください。



にほんブログ村

 

[1] [2] [3] [4] [5] [6]
次のページ >>
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]