忍者ブログ
大阪のカウンセリング・スキルトレーニングルーム 登録商標山手心理相談室のブログです。心理療法などの情報を中心に、メンタルヘルスにお悩みの方に明るい話題を提供させていただきたいと思っています。
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/24 坂東太郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ミュゼ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者アド
フリーエリア
アクセス解析
フリーエリア
2019/11/21 (Thu)
寒くなってきましたね。でも、朝夜は寒いのに、なぜか昼間はポカポカ陽気
なので、どこかで服を一枚脱がないといけません。難しいですねえ・・。

    


催眠療法の元になっているのは「催眠術」と「暗示」です。ところが、暗示
を入れようにも、催眠状態になっていなければただの会話と同じですね。

テレビ番組などで「催眠ショー」を行う場合、原則として”予備催眠”という
システムを使います。

①複数(あるいは一人ずつ)の方に催眠がかかるかどうかチェックします。

②かかった方の中でも、深い催眠状態になる方を選んで放送します。

③そうすると、まるで魔法にかかったかのように催眠術師の暗示を受け入れる
 ように見えます。

④①~③とは別に「芸人枠」というのがあって、芸人などの場合は、かかった
 ふりをして、オーバーな演技をします。このケースでは、「ちょっとやり
 すぎだろ」というくらいな方もいて、視聴者さんから見ても「かかってねー
 だろ」と分かることもあります。ま、これはショートしては良いのかなと。


ところが、一般に催眠療法を行う場合は、「治療」の一環になりますから、か
かりにくいかたは、ただ苦痛を受けて、その苦痛に対して決して安くはない対
価を支払うのです。

前回も述べたように、認知療法やカウンセリング(来談者中心療法)でも、相
性等によっては苦痛を与えることもあります。

ところが、この対価が催眠・スピリチュアルとその他では大きく違います。
前者が1万円~数十万円なのに対して、後者は5千円程度から1万円台と、価
格的に大きく違ってきます。

催眠系の療法をお試しされる前に、自分に何が向いているのか考えてみませんか。
 
 
 
 
好評発売中  あなただけのコミュニケーション改善 ご参照ください。

 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]