忍者ブログ
大阪のカウンセリング・スキルトレーニングルーム 登録商標山手心理相談室のブログです。心理療法などの情報を中心に、メンタルヘルスにお悩みの方に明るい話題を提供させていただきたいと思っています。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/24 坂東太郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ミュゼ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者アド
フリーエリア
アクセス解析
フリーエリア
2014/06/01 (Sun)
ASKA容疑者が覚せい剤の使用で逮捕されました。事件の概要については

ほかにもたくさんの記事が出ていますので、ここでは省略させていただきます

が、長期にわたる覚せい剤の使用は、脳内神経系統に深刻な影響を与える

ことが知られています。


覚せい剤の主な作用として以下のものが挙げられます。

●中枢神経の興奮: 気分が爽快になり、精力増進や疲労感減少により何日か
             眠らなくても平気になる。

●食欲減退: 上記に伴い、食欲などという余計な作業は不要になる。

●強い依存の形成 :精神的・身体的な依存が強く表れる。

●中毒性精神病:幻覚、妄想など。


これらの問題を解決するためにカウンセリングが有効かといえば、他の脳の

病気(統合失調症や高次脳機能障害など)に効果がないのと同様、損傷して

しまった脳神経回路を修復することはできません。

怒りが強く出やすかったり、継続性が著しく減少することなどで対応が不可能

になる場合が多いです。そうなると健全な社会生活を送ることは難しくなります

し、再度覚せい剤にハマることも多いです。



覚せい剤に手を出しやすい職業や性格もありますので、ご家族の方などは

手遅れになる前にご相談ください。

PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]