忍者ブログ
大阪のカウンセリング・スキルトレーニングルーム 登録商標山手心理相談室のブログです。心理療法などの情報を中心に、メンタルヘルスにお悩みの方に明るい話題を提供させていただきたいと思っています。
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 11 12
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/24 坂東太郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ミュゼ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者アド
フリーエリア
アクセス解析
フリーエリア
2014/05/01 (Thu)
世の中がこれほど便利になっても(というより便利になるほど)こころの問題は

置き去りになりがちです。

お越しいただく方の中に多いのが「自分は発達障害ではありませんか」

というケースです。山手心理相談室は医療機関ではありませんので診断を行う

ことはできませんが、まるで見当はずれの場合のみそのことをお伝えしています。



一般的に「発達障害」と呼ばれる症状は、生まれた時からの脳機能の偏りがある

症状
とされています。

アスペルガー症候群・ADHD・ADD・広汎性発達障害などみな同じことが

言えます。

それとは別に、成育環境が劣悪だったため(多少悪い程度だったとしても本人が

劣悪だと思う場合を含みます)、生まれながらではないのに、同じような状態に

なることも多いです。

その状態がアダルトチルドレン(AC)と呼ばれているケースです。


現代医学では、脳のゆがみを手術によって回復させることはできませんし、

また、どこからどこまでが「ゆがみ」なのかという問題も発生します。

ヘタをすれば、「国家の運営者の意向に逆らうものはすべて障害」になることも

ありえますから、正しい判断というのは難しいです


現在の診断システムでは、一部の機関を除けばずいぶん簡単に診断がなされて

います。テストと問診のみというところもあるくらいです。

山手心理相談室では、本来「苦手」とするべき方で、「障害」というレッテル

を貼られている方について、特に改善できればと考えています。


判断は難しいですが、よろしければ一緒に頑張りましょう。



PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]