忍者ブログ
大阪のカウンセリング・スキルトレーニングルーム 登録商標山手心理相談室のブログです。心理療法などの情報を中心に、メンタルヘルスにお悩みの方に明るい話題を提供させていただきたいと思っています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/24 坂東太郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ミュゼ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者アド
フリーエリア
アクセス解析
フリーエリア
2017/02/02 (Thu)
アダルトチルドレンとアスペルガー症候群が実は「似た性質」があるということは、いつもお伝えしている通りです。

今回は、実際にあなたの身の回りにいる方がどのように「仕事」しているかを見ていきましょう。



よくあるケースとしては

*納期が遅れているのに、先方とは一切連絡を取らない。

*仕事であったことをブログやSNSで書いているのに、職場では無言。

*顧客から叱られると、何をどうすれば良いのか判断できない。

*「ごめんなさい」「申し訳ありません」が出ないので、たとえば「上司の決裁が遅れていました」などと言い訳(本人は謝罪のつもり)をする。

*前日からヒドい風邪をひいているはずなのに、当日朝まで休むとは言わない。

*「大丈夫か」と聞くと「大丈夫です」としか返ってこない。

*上司だけでなく、得意先にも中間報告をしない。


よく、「山手心理さんなら、そんな場合でも相手の行動を読んで先に手を打てますね」と言われますが、実際にはその方の会社の一員ではありませんので、どうしようもありません。(笑)謝りに来た人を見て「あなたの部下はアスペルガー症候群です!」なんて言えるワケありませんから。

結婚されている場合は、できればご夫婦でお越しください。ご家庭での”教育”次第ではかなり良くなった方もいらっしゃいます。教育といっても、軽度発達障害の場合のことで、くれぐれも他の症状(境界性パーソナリティ障害など)などと間違わないことが肝要です。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村
PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]