忍者ブログ
大阪のカウンセリング・スキルトレーニングルーム 登録商標山手心理相談室のブログです。心理療法などの情報を中心に、メンタルヘルスにお悩みの方に明るい話題を提供させていただきたいと思っています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/24 坂東太郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ミュゼ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者アド
フリーエリア
アクセス解析
フリーエリア
2016/05/19 (Thu)
最近、特に多くなったように感じるのが「偽装」だと思います。


◎三菱自動車の燃費偽装

◎「ネットで確実に儲かる」という偽装

◎東芝の決算偽装


過去に数多くの会社や国家がこの偽装により破綻してきたにも
かかわらず、上司が怖くてウソをついてしまいます。

当相談室の取引先でも同様のことがあったりします。上司が

『私が責任を持って処理します』

というと、一般的には「自分が説明する」ということだと思い
ますが、人を見る専門家に対して同様の方法で「偽装」しよう
とする方も。


その際たるものが「年金は100年安心」というものでしょう。
一般的なケースで平均21歳から働くとして計算すると


20歳までは親の援助・20年

21~60歳までは他人を援助する・40年

65歳以降は年金という相互扶助・15年


平均寿命が80歳としても、40年間は他人を助け、5年は自
助努力。残り35
年は他から助けてもらう。日本の労働適応年
齢者全員が労働したとしても、
ほぼ1:0.9で助け合ってい
ることになります。




その年金破綻の原因が「公務員優遇」にあるとする識者も多く
みられますが、もっと根本の原因が上記の計算ではないでしょ
うか。

つまり、「人間の寿命が延びすぎている」ということです。



実際には働けない・働くことができない方もおられますから、
これでは破綻するのも当然でしょう。年金プランの失敗だと
いうことですが、いったい誰が責任を取れるのでしょうか。


現在の状況では70歳くらいまで働くのが当然ともいえますね。


いったい誰がその施策を考えるのでしょうか。





にほんブログ村


PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]