忍者ブログ
大阪のカウンセリング・スキルトレーニングルーム 登録商標山手心理相談室のブログです。心理療法などの情報を中心に、メンタルヘルスにお悩みの方に明るい話題を提供させていただきたいと思っています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/24 坂東太郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ミュゼ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者アド
フリーエリア
アクセス解析
フリーエリア
2015/03/01 (Sun)
大阪市中央区のカウンセリングルーム・山手心理相談室では、
開業以来ずっと取り組んできた「うつ(新型うつ)から回復」
された方がかなり多くな ってきました。

通常のカウンセリングルームでは対応できない「発達障害」の
研究が進み、うつに関しても適応可能になってきたためという
ことが主因だと思います。



「なんだかつらいなあ」と思う場合、うつなのか「ただの落ち
込み」なのかを あなた自身が判断することは とても難しいです。

また、一口に「うつ」と言っても、千差万別です。


自分がうつ症状ではないかと思ったら、なるべく早く精神科・
心療内科での治療やカウンセリングを考えてみましょう。


あなた自身、もしくは身近の誰かがうつ病なのではないかと感
じたら、まず以下の症状をチェックしてくだ さい。 1-2個の
症状のみ当てはまる場合は“プチうつ”や“気分変調症”と呼ばれる
病気の範疇に入らない状態に該当する場合もあります。


*以前は興味を持っていたことに興味がわかない

*食欲の低下または過食

*眠りが浅い・早朝覚醒または過眠

*日常的な倦怠感・無力感や力の無さを感じる

*敗北感・みじめな気持ち・否定的に考える


おおまかな区分としては、「急性の症状」は精神科・心療内科

へ。「軽い症状」の場合はカウンセリングル ームに相談するの
がベターかと思います。



多くの方が経験するのですが、嫌なことや予想していない失敗
などマイナスの現象が発生すれば、気持ちが沈んで元気も出な
くなることになります。しかし、多くの場合は一時的に気分が
落ち込んだとしても、何か楽しいイベントがあれ ばその時だけ
でも元気になったり、時間の経過によって落ち込みの原因が解
消されたりすると自然に気が晴れてきます。

このように、一時的で日常生活に支障を来さない気分の落ち込
みはうつ病に は該当しません。


では、うつや新型うつを区別し、改善していくためにはどうす
れば良いのか。

興味のある方は当相談室ホームページをご確認ください。

PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]