忍者ブログ
大阪のカウンセリング・スキルトレーニングルーム 登録商標山手心理相談室のブログです。心理療法などの情報を中心に、メンタルヘルスにお悩みの方に明るい話題を提供させていただきたいと思っています。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/24 坂東太郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ミュゼ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者アド
フリーエリア
アクセス解析
フリーエリア
2017/12/22 (Fri)

12月になると、大学4年生の方は実質年内で学生生活終了という場合
も多くなると思います。年が明ければ、晴れて「卒業」です。

今のうちに学生生活を満喫しようとして、あまりハメをはずすと、社会人
になれなくなるケースもありますのでご注意ください。(≡^∇^≡)

アスペルガー症候群やアダルトチルドレンの方で、分かりにくい方は、一
番最後(*)に解説しましたので、ご覧ください。

 


カウンセリングやスキルトレーニングを卒業(終了)する場合はもっと状況
が複雑になります。

★円満卒業

カウンセラーとクライエントが納得・合意して、これならばある程度(絶対
なんてものは存在しません)大丈夫でしょうと送り出してあげられる。

今年は特に 熱心に通ってきていただいた方の成果が顕著に出てきました。
といっても、一般の方と変わらない程度ではあるのですが、ある程度「自分」
を見つめることができるようになっていますから、一般の方と同程度の「心配」
をすれば良いことに。


 ★自主卒業

カウンセリングの場合は、ある程度自分で大丈夫と感じることができれば
それぞれご卒業いただきます。

問題はトレーニングの方の場合。スキルがまだ不十分なのに、なぜか自
分の脳内では「大丈夫」という判断をしたり、資金繰りが難しくなるという
ケースがあります。社会人の場合は特に高レベルのスキルが必要なの
で、また同じことになりそうです。


 ★無断卒業

これは発達障害を取り扱う当相談室に特有の現象です。ある症状が原因
で、「プッツン」してしまうわけですね。「来なくなる」ことです。

カウンセリング・トレーニングとも「無理にお越しいただく」場合は効果が低
くなりますから問題ないのですが、せっかく「ヤル気」があっても、なぜか
脳内回路が停止してしまうという現象です。

(山手心理相談室では原因を把握しています)



カウンセリングやSSTという業種(?)は、成長(または寛解)すれば
それで終わりという定めがあります。現代社会において、特に日本では「カウ
ンセリングを受けた」とは胸を張って言えないからです。

無事終了した方が、どれほど能力が上がったのか、あるいは気持ちが楽に
なったのかは、体験してみないと分からないのです。極端な場合、周囲の方の
レベルに合わなくなった方もいらっしゃいます。(友人層が変わるということ)


2018年こそ「自分を変えたい」方と、ぜひ一緒に頑張りたいと思います。



(*)

学生生活が終わりという気のゆるみから、万引き・盗撮・強姦などの犯罪行為
をしてしまうケースがあります。



にほんブログ村

PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]