忍者ブログ
大阪のカウンセリング・スキルトレーニングルーム 登録商標山手心理相談室のブログです。心理療法などの情報を中心に、メンタルヘルスにお悩みの方に明るい話題を提供させていただきたいと思っています。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/24 坂東太郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ミュゼ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者アド
フリーエリア
アクセス解析
フリーエリア
2018/10/18 (Thu)
あの沢田研二(ずっと以前のザ・タイガースボーカルといってもご存知ない
方が多いかもと思いますが)が「コンサートの入りが悪い」ことを理由に開
催を中止したそうです。でも、当日になって「ドタキャン」を知らされたフ
ァンの気持ちはどうなるのでしょうか。


          

by the way

以前からずっと記載していることですが、実は”障害者”と”健常者”の違いってどこ
にあるのかははっきりとしないのです。

もちろん、アメリカの基準などさまざまな基準があります(当然日本にもあります)
が、その適用が非常に難解なのです。

偏差値にように得点の指標があったり、100メートル走のように秒以下の単位
まで計測できるのなら、気持ちの面は別にして、納得せざるを得ません。

ところが、発達障害については、特にグレーゾーンの方は、医療機関などで診断
されるから「障害」で、診断を受けなければ「健常」ということになります。

これって明らかに矛盾していますね。



最近、夫に「オマエはADHDだ!」とののしられた妻が、

「あんたこそ健常障害やんか!」


と言い返したという話を聞きました。自分を健常者だと勝手に思い込む=健常障
害なんだと。たしかに、いかに配偶者だとしても、診断されたわけでもない人に
このような言葉を投げかける夫は、「相手の気持ちを考えられない」方なのかも。


山手心理相談室では、発達障害(自閉症スペクトラム)という言葉は使用します
が、「あなたはアスペルガーだから改善しましょう」とは言いません。(医療
機関ではないので言えません)その人に適合した「苦手の部分」を一緒に改善し
ていきます。人が人として、弱い部分を持つのは当然です。その弱い部分を少し
でもパワーアップし、生きていて良かったという思いを共有していきたいと思い
ます。

(残念ながら、すべての症状に対応できるわけではありません。ですから、少し
でも多くの方とお目にかかり、より多くの方に改善を実感していただきたいと思
っています) 
 
 

にほんブログ村
PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]