忍者ブログ
大阪のカウンセリング・スキルトレーニングルーム 登録商標山手心理相談室のブログです。心理療法などの情報を中心に、メンタルヘルスにお悩みの方に明るい話題を提供させていただきたいと思っています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/24 坂東太郎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ミュゼ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
忍者アド
フリーエリア
アクセス解析
フリーエリア
2011/08/26 (Fri)
カウンセリングを行っていると、どうしても「怒り」がこみあげてきて

対応できなくなるクライエントさんが出てきます。

男性・女性を問わずおられるのですが、特に女性の場合は「生理」

(月経)が大きな影響を与える場合があります。


以前は「月のもの」といわれていたように、女性と生理は切り離せない

関係にあります。

その1週間くらい前になると、

「イライラする」

「気分が沈んでしまう」

「からだの具合が悪くなる」


という状態をかなりの方(約8割ともいわれています)が経験しておられ

ます。

このような、排卵から生理開始までの時期に現れる身体的・精神的不快

な症状を総じて、生理(月経)前症候群(PMS)といいます。


PMSについては、基本的に精神療法では対応が難しいです。症状を

軽減するには、服薬によるのがベストだと思われます。


PMSの症状は個人によって違ってきます。

「胸が張ってくる」

「下腹部に痛みを感じる」


といった身体的なもの、

「イライラする」

「普段なら何でもないことに腹を立てる」

「理由もなく悲しくなる」


というような精神的なものなど、例をあげればキリがありません。


PMSは、閉経前の女性であれば、誰にでも起こり得る症状です。

決して特別な病気ではありません。むしろ、女性として健康である証明

ともいえるでしょう。

 ところが、困ったことに、この症状を専属で診察してもらえる施設が

あまりないのです。基本的には婦人科が担当になるのでしょうが、当

ルームが同行した事例では、婦人科医は精神病に詳しくなく、精神科は

女性特有の症状についてあまりご存知ないようです。


 これはうつなどの病気にも関係します。同じ「脳の病気」で、症状によ

って細かく違った施設を探すことは、一般人には(ネットが普及したと

いっても)難しいと言わざるを得ません。


カウンセリングと医療の垣根が厳然として存在するように、同じような

症状を総合的に診断できる体制づくりが望まれています。

(※PMSを女性特有の現象と捉えるか、病気と分類するかについては

 議論が続いているようです)

PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]